バックアップのプラグイン「BackWPup」の使い方・設定方法

WordPressでバックアップが可能なプラグインは多数ありますが、
今回は様々な機能を持つ「BackWPup」とその使い方を説明します。

BackWPupで行えること

本体ファイルとデータベースを1つのファイルにまとめる

1つのファイルにまとめることで、バックアップの管理がしやすくなります。

バックアップから除外するフォルダを設定できる

バックアップが不要な部分を指定したり、容量が大きい部分を分割してバックアップも可能です。

定期バックアップ設定

指定した時間に、定期的に自動でバックアップを取る設定が可能です。

バックアップデータの保存場所の指定

任意のフォルダだけではなく、他のサーバー上や、メールに添付して指定のメールアドレスに送るということも可能です。

外部サービスへの自動アップロード

  • Dropbox
  • Amazon S3
  • Microsoft Azure
  • Rackspace
  • SugarSync

上記の外部サービスへの自動アップロード設定が可能です。

記事のXMLエクスポート

記事データのみを抽出することも可能です。

導入環境の確認

執筆時点でのBackWPupのバージョンは3.6.9です。

このバージョンでの最低動作環境は、

PHPが5.3.3以上、WordPressが3.9以上となっています。

しかし、セキュリティの問題や、必須バージョンが上がるということも考えられますので、可能な限り最新バージョンを利用しましょう。

ジョブ(バックアップ動作)の設定

ここからは実際に動作設定の説明になります。

BackWPupではバックアップの設定のことを「ジョブ」と呼んでいます。

実際にジョブを作成してみましょう。

プラグインを有効化すると、サイドメニューにBackWPupの項目が追加されます。

始めはジョブがありませんので、「新規追加」ボタンからスタートします。

一般 タブ

ジョブ名

好きな名前でOKです。

ジョブタスク

このジョブで実行したい項目にチェックを付けます。

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ

にチェックが付いていれば通常のバックアップは問題ありません。

  • データベーステーブルをチェック

にチェックを入れていると、データベースの不具合を自動でチェックしてくれます。バックアップには直接は関係ないですが、あって損はないです。

バックアップファイルの作成

バックアップをまとめたファイルの名前と、ファイル形式を設定できます。

分からなければそのままでOK。

ジョブの宛先

バックアップファイルをどこへ保存するかを指定できます。

ここでは大きな区分を指定するだけで、詳細設定は後ほど可能です。

複数選択も可能ですが、その分バックアップ作業の時間も多くかかります。

フォルダーへバックアップ

WordPressが配置されているフォルダー内に保存されます。

メールでバックアップを送信

指定したメールアドレスへバックアップファイルを送信します。

FTPにバックアップ

WordPressの配置場所とは別のフォルダーや、別のサーバーに保存したい場合に指定します。

その他の項目

外部サービスへバックアップファイルを自動的にアップロードします。
Dropboxは使用している方も多いのではないでしょうか?

ログファイル

バックアップ作業を行った際に、指定のメールアドレスにログを送信します。

初期状態では、バックアップ時にエラーが発生した場合のみログを送信するようになっています。

常に送信させたい場合は、「エラー」のチェックボックスを外します。

スケジュール タブ

手動で1回ずつバックアップを取る場合、「手動」にチェックが付いていればOKです。

定期的に自動でバックアップを取ってほしい場合は、「WordPressのcron」にチェックし、希望の時間帯を設定します。

スケジューラ―の種類は「基本」で問題ありません。

DBバックアップ タブ

バックアップを行うテーブル、ファイル名、ファイルの圧縮を設定できますが、特別な理由がなければ、設定を変更する必要はありません。

ファイル タブ

WordPressのどのフォルダーをバックアップするか指定できます。特別な理由がなければ、設定を変更する必要はありません。

バックアップデータのサイズが非常に大きい場合、ここで分割してバックアップを行うということも可能です。

プラグイン タブ

特別な理由がなければ、設定を変更する必要はありません。

DBチェック

(ジョブタスクでデータベーステーブルをチェックするように設定している場合のみ)

特別な理由がなければ、設定を変更する必要はありません。

バックアップ先の設定

一般タブの「ジョブの宛先」にチェックを入れたタブが追加されていますので、そこから詳細な設定を行えます。

宛先:フォルダー

バックアップファイルを保存するフォルダーを指定します。

また、そのフォルダに保存するバックアップの最大数を指定できます。指定数を超えた場合は古いバックアップから削除されます。

宛先:メール

メールでバックアップファイルを送信する際の宛先と、最大ファイルサイズを設定できます。

宛先:FTP

バックアップファイルを保存したいサーバーのFTP情報と、バックアップファイルを保存するフォルダーを設定できます。

宛先:Dropbox

このプラグインは様々な外部サービスへの自動アップロードに対応していますが、今回はDropboxへのアップロード設定の手順を説明します。

あらかじめDropboxへログインしているとスムーズです。

認証されていないことを確認し、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

このような画面が表示されますので、へのDropboxアクセスを許可します。
(Dropboxへログインしていない場合、先にログイン画面が表示されます。)

認証用のコードが表示されますので、BackWPupに戻り、「Dropboxのアプリへのアクセス」の入力欄に認証コードを貼り付け、「変更を保存」の青ボタンをクリックします。

これで、認証済みとなります。

下にある「バックアップ設定」から、保存するDropboxのフォルダーや、保持するファイルの数を指定できます。

手動でバックアップ実行

スケジュールを設定した場合は指定の時間にジョブが実行されますが、それ以外にも手動でバックアップを実行させることができます。

ジョブの一覧から「今すぐ実行」をクリックすると、バックアップが実行されます。

バックアップ実行のログ

サイドメニュー「ログ」から、直近のバックアップのログを表示します。定期バックアップが正しく行われているか確認できます。

バックアップデータのダウンロード・削除

サイドメニュー「バックアップ」から、バックアップファイルのダウンロード・削除が可能です。

その他の設定

特別な理由がなければ、設定を変更する必要はありません。

まとめ

BackWPupを使う大きな利点は、定期的にバックアップを取り、外部サービスにアップロードする所までを自動で行ってくれる点です。

わざわざ人がバックアップ作業を行う必要はないうえ、問題が起こった場合はエラーログが送信されるので、Webサイトの保守の手間を大きく減らすことができます。

設定項目は多いですが、難解な設定もほぼありませんので、積極的な利用をおすすめします。